【F1試合結果&順位】首位・名古屋は横浜に完封勝利。伝統の“境川決戦”は9ゴールが生まれる乱打戦に!

【F1試合結果&順位】首位・名古屋は横浜に完封勝利。伝統の“境川決戦”は9ゴールが生まれる乱打戦に!
【F1試合結果&順位】首位・名古屋は横浜に完封勝利。伝統の“境川決戦”は9ゴールが生まれる乱打戦に!

 1月15日から17日にかけてFリーグ2020-2021 ディビジョン1の試合が各会場で5試合行われた。

※今シーズンから前半・後半の表記は前半=第1ピリオド、後半=第2ピリオドがFリーグで使用する正式表記となります。

スペイン人コンビが活躍した北九州は8位に浮上
 5試合で29ゴールが生まれた先週末のF1リーグ。今回も、アベマFリーグダイジェスト( https://youtu.be/91biejYU44M )では元日本代表・稲葉洸太郎氏がセレクトするトップ5ゴールの選出とスーパープレーの解説が行われた。まず第5位はエスポラーダ北海道vsボルクバレット北九州の試合で生まれた北九州・花嶋悠のゴール。

 ピヴォの清水誠也が相手陣内の深い位置で相手選手を背負いながらボールをキープし、反転したと同時に花嶋がゴール前へと走る。反転した清水からゴール前へ蹴られたパスは花嶋の前へ渡り見事得点に結びついた。このゴールで北九州は3-2と勝ち越し。勝利を収めて8位へ浮上した。

 次に4位は湘南ベルマーレの本田真琉虎洲がペスカドーラ町田戦の第1ピリオド2分に決めたゴール。ロドリゴから前線の本田へ長めのパスが送られると相手DF1人とGKが寄せてシュートコースを消されてしまう。しかし少し下がって打つことで自分の間合いを作り決めて見せた。

 第3位はバサジィ大分のGK・矢澤大夢の超ロングシュート。パワープレー返しでのゴールではあるが、矢澤から蹴られたボールは天井にぶつかりそうなくらいの高い弧を描き、相手ゴールへと吸い込まれていった。大分はこの得点を含む大量7ゴールで立川・府中アスレティックFCに勝利。首位の名古屋オーシャンズを追うためにも勝ち点3を獲得した。

当時の記事を読む

ゲキサカの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「サッカー日本代表」に関する記事

「サッカー日本代表」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「サッカー日本代表」の記事

次に読みたい「サッカー日本代表」の記事をもっと見る

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年1月18日のサッカー記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。