全国王者ではなく、挑戦者として再び頂点へ。新生・山梨学院が挑戦し続けて新人戦制覇:山梨

全国王者ではなく、挑戦者として再び頂点へ。新生・山梨学院が挑戦し続けて新人戦制覇:山梨
拡大する(全1枚)
新生・山梨学院高が新人戦制覇

[2.6 山梨県高校新人大会決勝 日本航空高 0-2 山梨学院高]

 選手権王者・山梨学院の新チームが、挑戦してまず1冠――。令和2年度山梨県下高校サッカー新人大会決勝が6日に行われ、山梨学院高日本航空高が激突。山梨学院が2-0で勝ち、3年ぶりの優勝を果たした。
 
 山梨学院の新たなチャレンジは、優勝という好結果で終わった。選手権優秀選手のMF谷口航大(2年)やMF石川隼大(2年)、FW茂木秀人イファイン(2年)ら首都圏で選手権を戦った登録メンバーは山梨へ戻った後、新型コロナウイルス予防対策で自主隔離。新人戦を戦うチームに合流したのは同準決勝後だった。

 一週間練習を重ね、怪我の石川を除く選手権組は決勝で先発することも可能だったが、長谷川大監督は「(選手権期間中)『次、出ていくのはオレだ』と歯を食いしばって練習していた選手たちのチャレンジの場として今回新人戦を考えた」という。選手権期間は山梨に残り、新人戦優勝へ向けて練習してきた1、2年生たちが決勝も先発。10番FW大島悠斗(2年)が「自分たちが一緒にやっていた仲間が全国の舞台で活躍しているのを見て、自分もやっぱり頑張らないといけないと思いました」と話すように、選手権の裏側で悔しい思いを持って努力してきた選手たちがリードをもたらす。

 前半は互角の展開だった。日本航空は昨年から先発のGK小川颯馬(2年)が準決勝で負った怪我によって不在だったものの、「前半はちょっとやろうとしていたことを、勇気を持って、特に右サイドでトライしていた」(仲田和正監督)。山梨学院MF崎山亮(2年)のラストパスから決定的なシュートまで持ち込まれ、前半34分には右SB柴田元(2年)とMF長島大翔(2年)に連続でシュートを打たれたが、日本航空はいずれもブロックし、攻撃面で自分たちの代の強みである技術力を表現していた。

当時の記事を読む

ゲキサカの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「高校サッカー」に関する記事

「高校サッカー」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「高校サッカー」の記事

次に読みたい「高校サッカー」の記事をもっと見る

スポーツニュースランキング

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年2月7日のサッカー記事

キーワード一覧

  1. 高校サッカー 千葉
  2. 高校サッカー 大阪
  3. 高校サッカー 女子

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。