[MOM719]九州選抜GK清水羅偉(日本文理大3年)_「トリニータだけを思っていても…」夢と現実の狭間

[MOM719]九州選抜GK清水羅偉(日本文理大3年)_「トリニータだけを思っていても…」夢と現実の狭間
拡大する(全1枚)
GK清水羅偉(日本文理大3年=大分U-18)

[大学サッカー・マン・オブ・ザ・マッチ]
[3.5 デンチャレ 関東B・北信越0-0九州選抜]

 九州選抜が体を張った守備でゴールを割らせなかった。スコアレスドローで勝ち点1を死守した九州選抜は、1位でグループリーグ突破を決めた。

 GK清水羅偉(日本文理大3年=大分U-18)が存在感をみせた。MF満田誠(流通経済大3年=広島ユース)の決定機を防ぐなど、チームの危機を幾度となく救った。日本文理大でも指導する西野晃平監督も「コーチングやシュートストップは抜群。きょうのプレーで評価も上がったんじゃないか」と顔をほころばせた。

 小さい頃からの夢はプロサッカー選手ではなく、「大分トリニータの選手になること」だった。兄の影響でスクールでサッカーを始めてからトリニータ一筋。同じ左利きで憧れの大先輩であるGK西川周作(浦和)を目標に、“トリニータの守護神”になることだけを夢に見てきた。

 日本文理大への進学も、トリニータを意識してのものだった。「近くの文理大学だったら特別指定だったり、練習参加、あわよくばすぐに行きたいという思いでした。なので他の大学を考えるまでもなく文理大を選びました」。実際、1年生のころは練習に呼ばれることもあり、狙い通りに事は進んだ。

 ただ昨年のコロナ禍もあり、だんだんと練習に呼ばれることもなくなった。現実も見ざるを得ないようになってきたことで、将来についても深く考えるようになったという。「トリニータだけを思っていても、この先自分が苦しむことになる。視野を広げて、こういう全国大会でアピールをして、声をかけていただけたらなと強く思っています」。

 昨年、日本文理大は九州大学サッカーリーグを初優勝。福岡大学や鹿屋体育大学など実力伯仲のリーグで、新たな存在感を見せ始めている。最終学年を迎える清水は、今季は主将に就任してチームをまとめる役目も任されることになった。勝負の1年。自らの可能性を広げるためにも、覚悟を持ってシーズンに臨む。

(取材・文 児玉幸洋)▼関連リンク
●第35回デンソーカップチャレンジサッカー熊谷大会特集

当時の記事を読む

ゲキサカの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「大分トリニータ」に関する記事

「大分トリニータ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「大分トリニータ」の記事

次に読みたい「大分トリニータ」の記事をもっと見る

スポーツニュースランキング

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年3月6日のサッカー記事

キーワード一覧

  1. 大分トリニータ twitter
  2. 大分トリニータ 移籍

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。