前橋育英が逆転も、帝京長岡追いつく。強豪対決は2-2ドロー


[3.6 プーマカップ群馬 帝京長岡高 2-2 前橋育英高]

 6日、2021プーマカップ群馬で選手権4強の帝京長岡高(新潟)と前橋育英高(群馬)が激突。強豪対決は2-2で引き分けている。

 帝京長岡は選手権で活躍した新主将MF三宅凌太郎(2年)やU-17日本代表候補CB松村晟怜(2年)、GK佐藤安悟(1年)、右SB佐々木奈琉(2年)、左SB桑原航太(1年)、CB笠井冠晟(1年)とDFラインを中心に昨年からのメンバーを多く残す。その新チームは失敗しても徹底して後方からビルドアップ。だが、前橋育英は簡単には前進を許さず、奪い返しからFW野本京佑(2年)やMF小池直矢(1年)がシュートまで持ち込んだ。

 だが、帝京長岡はJクラブ注目のCB松村が違いを示すような守備。自分の間合いで対応してボールを奪い、ポゼッションに繋げていた。また、GK佐藤もシュートストップを続けて得点を許さない。打開しながら前進する巧さも見せる帝京長岡が先制点を奪う。

 後半、三宅のスーパーミドルで帝京長岡が先制。だが、前橋育英はMF早川凌介(2年)の右CKをCB柳生将太(2年)が高打点ヘッドで決めて同点に追いつく。畳み掛ける前橋育英は敵陣でのインターセプトからスルーパスでFW守屋練太郎(2年)が抜け出そうとするも、帝京長岡も水際で防いで得点を許さない。

 それでも前橋育英は、23分にFW池田風真(2年)が抜け出しから右足シュートをゴールへ流し込む。さらに池田の仕掛けなどから追加点を狙うが、凌いだ帝京長岡は28分、自陣でのインターセプトから左サイドへ展開。そして、MF渋谷翔太(2年)のクロスをFW森健太朗(1年)が完璧な形で合わせて2-2の引き分けに持ち込んでいる。

(取材・文 吉田太郎)

当時の記事を読む

ゲキサカの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「高校サッカー」に関する記事

「高校サッカー」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「高校サッカー」の記事

次に読みたい「高校サッカー」の記事をもっと見る

スポーツニュースランキング

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年3月6日のサッカー記事

キーワード一覧

  1. 高校サッカー 千葉
  2. 高校サッカー 大阪
  3. 高校サッカー 女子

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。