ドルトムントに所属するノルウェー代表FWアーリング・ホーランドが、人生初体験をしたようだ。

 30日に行われたカタール・ワールドカップ欧州予選第3節1日目でモンテネグロ代表と対戦したノルウェー代表。先発出場したホーランドは後半35分までプレーしたものの、ゴールを記録することはできなかった。

 今回の代表活動でジブラルタル、トルコ、モンテネグロと対戦。ホーランドは、すべての試合で先発出場したけどノーゴールに終わった。ノルウェー紙『VG』によると、ホーランドが先発した3試合で無得点に終わったのはプロキャリア初だという。

 昨年2月から3月にかけてドルトムントで3試合連続ノーゴールということはあったが、初戦のフライブルク戦は途中出場だった。
●ブンデスリーガ2020-21特集