鎌田が1G1Aで逆転勝利に貢献!! 4位フランクフルトが3位ボルフスブルクとの直接対決制す

鎌田が1G1Aで逆転勝利に貢献!! 4位フランクフルトが3位ボルフスブルクとの直接対決制す
拡大する(全1枚)
好調をキープするMF鎌田大地

 ブンデスリーガは10日、第28節を行い、日本代表MF鎌田大地とMF長谷部誠が所属する4位フランクフルトは3位ボルフスブルクに4-3で競り勝った。鎌田は3試合ぶりの今季5点目をマーク。停止明けの長谷部は後半44分から途中出場した。

 フランクフルトは前半6分に先制を許したが、その2分後に鎌田が同点ゴールを陥れた。右サイドを抜け出したDFエリック・デュルムがマイナス方向に戻すと、MFセバスティアン・ローデがスルーし、鎌田が右足ダイレクトでゴール左隅に流し込んだ。

 前半27分には前線で体を張ったFWアンドレ・シウバがPA内右ゴールライン際から折り返し、FWルカ・ヨビッチが鋭い右足シュートでニアを破った。逆転に成功したフランクフルトだったが、試合は打ち合いの様相を呈す。

 後半1分にボルフスブルクのゴールで2-2とされたが、同9分には激しく寄せた鎌田がMFヨシプ・ブレカロからボールを奪い取り、そのまま持ち上がってスルーパス。シウバのゴールをアシストし、再び逆転に成功した。さらに後半16分、波状攻撃からDFエリック・デュルムがゴールネットを揺らし、勝決を定付けた。

後半40分にオウンゴールで1点差とされたが、反撃はここまで。フランクフルトはUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)出場権を争うライバルとの直接対決に4-3で競り勝ち、3連勝。ブンデスリーガの4位以上に与えられる来季のCL出場権獲得に前進。勝ち点を53に伸ばし、3位ボルフスブルクとのポイント差を1に縮めた。

 また、日本代表FW大迫勇也が所属するブレーメンライプツィヒに1-4で敗れた。7日のポカールで今季公式戦初ゴールを挙げた大迫は後半38分から途中出場したが、連発とはならなかった。
●海外組ガイド●ブンデスリーガ2020-21特集

当時の記事を読む

ゲキサカの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「欧州サッカー」に関する記事

「欧州サッカー」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「欧州サッカー」の記事

次に読みたい「欧州サッカー」の記事をもっと見る

スポーツニュースランキング

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年4月11日のサッカー記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。