バイエルンら上位勢から得点を演出…今季5G13Aの鎌田大地「今年はビッグマッチにすごく強い」


[4.10 ブンデスリーガ第28節 フランクフルト4-3ボルフスブルク]

 フランクフルトに所属する日本代表MF鎌田大地が1ゴール1アシストを記録。今季5点目でチームの勝利に大きく貢献した。

 先制を許したフランクフルトだが、前半8分に鎌田が取り返す。右サイドからDFエリック・デュルムがマイナス方向にパスを出し、MFセバスティアン・ローデのスルーしたボールを鎌田が右足ダイレクトで沈めた。その勢いのまま同27分にはFWルカ・ヨビッチが逆転ゴール。しかし、試合はさらに点の取り合いとなる。

 フランクフルトは後半開始早々に失点を喫し、2ー2の同点に。だが、後半9分には鎌田がボール奪取からカウンター。スルーパスでFWアンドレ・シウバの勝ち越し弾を演出する。さらに16分にはDFエリック・デュルムが4点目を挙げ、4ー2と点差を広げた。

 終盤のオウンゴールで4ー3と1点差に迫られたが、試合はそのまま終了。4位フランクフルトがUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)出場権を争う3位ボルフスブルクとの直接対決に競り勝ち、勝ち点1差とした。

 試合後、鎌田は英語での質問に「いまはとてもハッピー」と英語で回答。日本語でも「チームとして大事な勝ちだったし、自分たちが来年どこに行くか決まる大事な試合だったので、勝って嬉しいです」と喜びを語る。

 勝利した3位ボルフスブルクとは勝ち点1差に、5位のドルトムントとは勝ち点7差に開いた。鎌田は「ここの試合で負けると、ドルトムントとの4位争いになっていた」とこの大一番の重要さを改めて説明。「これを勝つことによって、3位だったり2位も見えてくるし、できるだけ上の順位に行けるようにしたいです」とさらなる躍進を誓った。

 自身は1ゴール1アシストの活躍を残した鎌田は「スコアポイントを伸ばせたのはとてもよかった」と手応えを語る。今季は王者バイエルンからも1ゴール1アシストを記録するなど、ここまでリーグ戦26試合で5ゴール13アシスト。「アシストもそうですけど、去年からゴールが自分の思った通りに伸びなくて。今年はゴールも伸ばせているし、僕自身今年はビッグマッチにすごく強いので、そういう試合でゴールを取れているのは僕にとっても良いこと」とその確かな成長を口にした。
●海外組ガイド
●ブンデスリーガ2020-21特集

当時の記事を読む

鎌田大地のプロフィールを見る
ゲキサカの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「鎌田大地」に関する記事

「鎌田大地」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「鎌田大地」の記事

次に読みたい「鎌田大地」の記事をもっと見る

スポーツニュースランキング

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年4月11日のサッカー記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。