“ドロップボール”判定にC大阪が猛抗議…現役審判員もSNSで説明「VARは笛の音は聞こえません」:J1第10節VARまとめ


 J1リーグは16~18日、第10節の10試合を行った。今季から再導入されているビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)をめぐっては、1節あたり過去最多となる5度のレビューを実施。セレッソ大阪浦和レッズ戦では1試合で2回の介入があり、介入後の再開方法をめぐっては大きな混乱も生まれた。










4月16日 J1第10節 札幌 1-3 横浜FM @札幌ド(ゴールに関する判定)
 横浜F・マリノスは2-1でリードして迎えた後半アディショナルタイム5分、敵陣左サイドで北海道コンサドーレ札幌のDFキム・ミンテを抜いたDFティーラトンがゴール前にクロスを送り込み、これにFWエウベルが反応。ヘディングシュートを叩き込んだ。

 ところが、ここでVARが介入。ティーラトンがキム・ミンテを抜いた際、跳ね上がったボールがティーラトンの左腕に当たっていたことが争点となった。競技規則では「偶発的であっても、ボールが自分や味方競技者の手や腕に触れた直後に得点の機会を作り出す」ケースは無条件にハンドというルール。そのため、オンフィールドレビューの末にゴールが取り消された。

 なお、今夏に予定されている競技規則の改正ではハンドの項目が大幅に変更。上記の条文は削除されることになっており、新ルールではゴールが認められる可能性が高そうだ。(ティーラトンが意図的にボールを腕で扱ったか、腕によって不自然に体を大きく見せたと判断された場合はハンドとなる)

あわせて読みたい

ゲキサカの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「セレッソ大阪」に関する記事

「セレッソ大阪」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「セレッソ大阪」の記事

次に読みたい「セレッソ大阪」の記事をもっと見る

スポーツニュースランキング

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年5月5日のサッカー記事

キーワード一覧

  1. セレッソ大阪 ジュニアユース
  2. セレッソ大阪 山口蛍
  3. セレッソ大阪 杉本健勇

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。