[関東Rookie League]20年日本一の静岡学園が開幕戦で個性発揮。終盤に前橋商突き放して快勝


[4.24 関東 Rookie League Aリーグ第1節 静岡学園高 4-0 前橋商高 時之栖うさぎ島4]

 関東・静岡の強豪校の1年生が90分間ゲームのリーグ戦で力を磨く「2021関東 Rookie League」が24日、静岡県内で開幕。昨年のAリーグと全国大会の「ミズノチャンピオンシップU-16 ルーキーリーグ」優勝校・静岡学園高(静岡)が前橋商高(群馬)と対戦し、4-0で快勝した。

 序盤は硬さのあった静岡学園に対し、前橋商が入り良く試合をスタートする。セカンドボールを拾い、ポゼッションにチャレンジ。MF木村竜馬やMF寺島颯人が相手を動かしてパスコースを作り、前線で存在感ある動きを見せていたFW松村迅へ縦パスを通す。そして、サイドの高い位置を取り、MF飯塚真聖や木村がクロスへ持ち込んでいた。

 だが、個々のキープ力秀でた静岡学園が徐々にボール支配の時間を増やしていく。アイディア・技術力高く、「スルーパスとかそういうパスは意識しているところで、海外で言うとポグバ選手とかデ・ブライネとか意識して見ていたので、そこは僕の長所かなと思っています。静岡学園はドリブルが素晴らしいチーム。僕は個人を伸ばしにここに来たので、もっと中盤で運べて輝ける選手になりたい」という182cmMF眞井礁伍と守備能力も備えた178cmMF野中大誠のダブルボランチを中心にワンツーやスルーパスで相手の守りを揺さぶっていく。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

ゲキサカの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

サッカーニュースランキング

サッカーランキングをもっと見る
お買いものリンク