[MOM3449]実践学園DF長友星澄(3年)_輝いた“右サイドバックの長友”は、左からの決勝ゴールで東京制覇に貢献!


[高校サッカー・マン・オブ・ザ・マッチ]
[5.5 関東高校大会東京都予選決勝 國學院久我山高 0-1 実践学園高]

 その瞬間。右サイドバックは、持ち場とは逆のサイドからシュートを放つ。「実践はカウンターで点を獲るのがスタイルなので、自分でカウンターの意識から一気に走って、追い越してっていう感じでした」。ポジションに囚われないアグレッシブな姿勢が生んだ決勝ゴール。実践学園高の右SB長友星澄(3年=FC多摩出身)が、“左サイド”で大きな仕事を果たした。

 東京制覇を懸けて臨んだ國學院久我山高との決勝。ここまで4試合連続完封勝利と鉄壁の守備を誇っていた実践学園は、前半10分にとうとう今大会の初失点を喫する。FKからのオウンゴール。「相手のキッカーが2人いて、1人がフェイントした時に僕がマークを外してしまって、その選手に触られてからのオウンゴールだったので、『やってしまったな』という感じでした」。長友は失点の責任を背負い込む。

 しかし、挽回のチャンスは後半に訪れる。開始早々に同点に追い付き、チームも一気に勢い付いた6分。カウンターのチャンスに長友は躊躇なくドリブルスタート。右サイドからグングンと中央に切れ込むと、そのまま左サイドバックのDF雨宮竜也(3年)へ展開する。実は雨宮とはFC多摩からのチームメイト。プレースタイルは熟知している。

「折り返しが来るって信じて待っていました」。そのまま左サイドで雨宮からの折り返しを受けると、マーカーを巧みに外しながら左足でフィニッシュ。「そんなに左足に自信はなくて、コロコロだったんですけど、良いコースに入って良かったです」と自ら笑ったシュートは、右スミのゴールネットへ到達する。

あわせて読みたい

ゲキサカの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「高校サッカー」に関する記事

「高校サッカー」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「高校サッカー」の記事

次に読みたい「高校サッカー」の記事をもっと見る

スポーツニュースランキング

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年5月5日のサッカー記事

キーワード一覧

  1. 高校サッカー 千葉
  2. 高校サッカー 大阪
  3. 高校サッカー 女子

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。