ポテンシャルに追い付いてきた自信。U-20日本代表候補FW佐藤恵允は想いを背負えるストライカーに


[6.3 練習試合 U-20日本代表候補 4-5 全日本大学選抜]

 周囲の想いを背負える男は強い。ここまで辿ってきた、決して平坦とは言えない道のりを支えてきてくれた人の分だけ、そのパワーの総量は自分の背中を力強く押してくれる。「高校時代の仲間からも、『おめでとう』という感じの連絡は結構来ました。それもすべてを背負ってこの代表合宿に参加して、結果を残そうとしてやってきたので、結果が出て良かったです」。U-20日本代表候補に初招集されたFW佐藤恵允(明治大2年)は、多くの人への感謝を胸に、代表のエンブレムとともにピッチを駆けた。

「本当にここを目指してやってきていたので、呼ばれた時には本当に嬉しかったですけど、ビックリしました(笑)」。今まで縁のなかった世代別代表の招集には、自身も驚きを隠せなかったが、今季は所属の明治大でもスタメン起用が増加。リーグ開幕戦でゴールを奪うなど、大学サッカー界屈指の強豪で残してきた結果が、今回の抜擢にそのまま繋がった。

 合宿最終日。全日本大学選抜との練習試合(45分×3本)には、2本目の途中からの出場に。「1本目と2本目であまり良い形で攻撃ができていなかったので、自分の得意なことだったりチームを助けるようなプレーをして、結果を残そうとしていました」と確かな狙いを持ってピッチに飛び出す。

「寛汰とは練習のゲームでも結構良い形のコンビネーションができて、やりやすい部分があったので、ベンチで2人で『チャンスですね』みたいに話していました」という佐藤とFW
編集部おすすめ

当時の記事を読む

ゲキサカの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

サッカーニュースランキング

サッカーランキングをもっと見る
お買いものリンク