エース岩渕真奈が1G2Aと躍動!! なでしこジャパン、東京五輪メンバー発表前ラストマッチで5発勝利

エース岩渕真奈が1G2Aと躍動!! なでしこジャパン、東京五輪メンバー発表前ラストマッチで5発勝利
拡大する(全1枚)
なでしこジャパンがメキシコに勝利

[5.13 国際親善試合 日本女子 5-1 メキシコ女子 カンセキ]

 なでしこジャパン(日本女子代表)は13日、「MS&ADカップ2021」を行い、カンセキスタジアムとちぎでメキシコ女子代表と対戦。前半36分にFW岩渕真奈の得点で日本が先制すると、後半1分、同9分、同28分、同42分に追加点を奪い、5-1の勝利を収めた。

 10日にウクライナ女子代表から8-0の快勝を収めたなでしこは、同試合から先発6人を変更。システムは4-4-2を採用し、GKに池田咲紀子、最終ラインは右からDF清水梨紗、DF熊谷紗希、DF南萌華、DF宮川麻都を並べ、ドイツボランチにはMF中島依美とMF林穂之香を起用。右サイドハーフにMF籾木結花、左サイドハーフにMF長谷川唯、2トップにはFW岩渕真奈とFW田中美南を配置した。[スタメン&布陣はコチラ]

 前半7分にゴールに迫ったのは日本。清水のパスから右サイドを駆け上がった岩渕のグラウンダーのクロスに田中が合わせるも、右足ダイレクトで放ったシュートはポストを叩いてしまう。さらに同13分には高い位置でのボールカットを成功させ、岩渕、長谷川、田中が絡んだ連係から、最後は岩渕がフィニッシュも、シュートは相手GKの守備範囲に飛んでしまった。

 前半28分には、熊谷のボールロストから危機を迎えるが、MFジャクリーン・オバジェがPA内から放ったシュートを池田が弾き出してゴールを守る。同34分に田中の巧みなスルーパスからPA内に侵入した長谷川のシュートがゴール右に外れるなど、なかなか先制できなかった日本だが、同36分に先制に成功。PA内まで持ち込んだ岩渕がワンフェイクで対面した相手をかわし、右足のシュートでネットを揺らした。

当時の記事を読む

ゲキサカの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「なでしこジャパン」に関する記事

「なでしこジャパン」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「なでしこジャパン」の記事

次に読みたい「なでしこジャパン」の記事をもっと見る

スポーツニュースランキング

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク