ACL帰りの川崎F、大島僚太が今季リーグ初ゴール! 清水撃破で開幕22戦無敗のJ1新記録

ACL帰りの川崎F、大島僚太が今季リーグ初ゴール! 清水撃破で開幕22戦無敗のJ1新記録
拡大する(全1枚)
先制ゴールのMF脇坂泰斗

[7.17 J1第18節 清水0-2川崎F アイスタ]

J1第18節が17日に行われ、川崎フロンターレ清水エスパルスを2-0で下した。AFCチャンピオンズリーグ(ACL)帰りの川崎Fは3連勝を飾り、J1新記録を更新する開幕22戦負けなし(18勝4分)。昨季から続く無敗記録も27試合に伸ばした。

 ウズベキスタンで行われたACLでグループステージ6戦6勝で首位通過を決め、アジアの舞台でも圧巻の強さを見せた川崎Fは東京五輪メンバーのMF三笘薫、MF旗手怜央を欠く中で、1か月半ぶりのリーグ戦。ACLで川崎Fトップデビューを果たしたFW宮城天はJ1でも初出場初先発を飾り、左ウイングでプレー。ACLで怪我から復帰したMF大島僚太もインサイドハーフの一角で先発し、今季リーグ初出場となった。

 先手を取ったのは川崎Fだった。前半17分、DF登里享平のスルーパスで背後に抜けたFWレアンドロ・ダミアンがラストパスを届けると、走り込んだMF脇坂泰斗が右足ダイレクトで流し込んだ。

 清水も押し込み、前半32分にはカウンターからチャンス。MFカルリーニョス・ジュニオが左サイドを崩すと、ドリブルで持ち上がったFWチアゴ・サンタナが鋭い左足シュートを打ったが、これはGKチョン・ソンリョンが防いだ。

 1-0で前半を折り返すと、次の1点を奪ったのも川崎Fだった。後半5分、登里が左サイドから斜めにパスを通すと、脇坂が受けたボールがMF
編集部おすすめ

当時の記事を読む

ゲキサカの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「川崎フロンターレ」に関する記事

「川崎フロンターレ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「川崎フロンターレ」の記事

次に読みたい「川崎フロンターレ」の記事をもっと見る

サッカーニュースランキング

サッカーランキングをもっと見る
お買いものリンク