U-15日本代表候補の超高速アタッカー、MF小竹知恩が技ありゴール


[7.23 練習試合 U-15日本代表候補 7-1 U-16山梨県選抜]

 スケール感大きなサイドアタッカーが、技ありゴールを決めた。3本目開始直後、左サイドでパスを受けたU-15日本代表候補MF小竹知恩(プログレッソ佐野F.C.U-15)がカットインから右足シュート。コントロールされた一撃はポストを叩いてゴールラインを越えた。

 182cm、72kgのサイズと「スピードでは絶対に負けない自信があります」という速さの持ち主。特にまたぎフェイントでDFを外す動き、ダイナミックな縦突破は魅力だ。ボールを引き出す術などまだまだ足りない部分は多いが、一方で巧みにDFを外す巧さも備えている。

 この日は縦突破が警戒されている中、「自分の得意な形」というカットインからのシュートでゴール。所属するプログレッソ佐野F.C.U-15(栃木)で日常から仕掛け、シュートのバリエーション増加に取り組んできたというMFは、「綺麗に入ったので良かったと思います」と喜んでいた。

 小学生時代は「県選抜にも入っていなかった」というが、今年4月の2021 タウンクラブ・中体連キャンプで才能を見出された。「これをきっかけに代表に入りたいなという気持ちで入りました」というキャンプで強烈なスピードを発揮するなどアピール。同5月には1歳年上のU-16日本代表候補合宿に抜擢された。

「U-16では持ち味のスピードとかはできたんですけれども、結局ゴールまで行くとかそういうところが全然ダメで……。でも、またあそこに戻っていきたいなという気持ちがあります」。今回、同世代のU-15日本代表候補合宿でリスタートを切ったMFは、2日前のU-16静岡県選抜戦で縦へのスピードを発揮し、この日はU-16代表候補合宿で課題となったゴールを決めた。一方で守備などの課題を再確認した小竹は良い守備から良い攻撃に繋げ、自分の強みを発揮する意気込みだ。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

ゲキサカの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

サッカーニュースランキング

サッカーランキングをもっと見る
お買いものリンク