アメリカ下したスウェーデンと準々決勝で激突…高倉監督「何かを起こしたい」

アメリカ下したスウェーデンと準々決勝で激突…高倉監督「何かを起こしたい」
拡大する(全1枚)
なでしこジャパンを率いる高倉麻子監督

[7.27 東京五輪GL第3節日本女子 1-0 チリ女子宮城]

崖っぷちから生還した。グループリーグ敗退の危機に瀕していたなでしこジャパン(日本女子代表)だったが、今大会初白星を獲得して決勝トーナメント進出を決めた。チームを率いる高倉麻子監督は「勝利を収めることができたのは選手の頑張りだった」と選手たちを労った。

「勝ち点3が何としてもほしい、絶対に勝たないといけない試合」

自力で決勝トーナメント進出を決めるには、勝利だけが求められるチリ戦となった。序盤から攻勢をかけたものの、「相手GKを含め、体を張った素晴らしい守備をする」チリゴールをこじ開けられることができず、0-0のまま試合は進んでいく。


後半に入ると、交代カードを切って流れを引き寄せようとする。後半開始からFW田中美南、同10分にMF遠藤純、同21分にMF木下桃香を投入して流れを引き寄せると、同32分に待望の瞬間が訪れる。MF杉田妃和が打ち込んだ縦パスをFW岩渕真奈が粘り強くキープし、こぼれたボールを田中が蹴り込んで試合を動かした。

その後、なでしこに追加点こそ生まれなかったが、チリの反撃を許さずに逃げ切って1-0の完封勝利。自力での決勝トーナメント進出を決めた。「我慢強く戦いながら、1点を何とかもぎ取って勝利を収められたのは、選手の頑張りだったと思う」と振り返った。

第1戦カナダ戦から先発5人を入れ替え、第2戦イギリス戦を戦った。そして、第2戦イギリス戦からは再び先発5人を入れ替え、チリ戦を迎えた。交代カードも積極的に切り、3試合で起用したメンバーは22人の内20人。「全員で戦い、選手一人ひとりが力をつけてきたおかげで、誰かを代えても大きく力を落とすことのないチームになったと思う」と手応えも得ている。

準々決勝では、グループリーグで優勝候補アメリカを3-0で下したスウェーデンと対戦。「グループリーグを見ても一番調子が良いと思うようなチーム。ただ、一発勝負なので、戦い方をしっかり選手と共有して何かを起こしたい」と力を込めた。

(取材・文折戸岳彦)●東京オリンピック(東京五輪)特集ページ
編集部おすすめ

当時の記事を読む

ゲキサカの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「なでしこジャパン」に関する記事

「なでしこジャパン」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「なでしこジャパン」の記事

次に読みたい「なでしこジャパン」の記事をもっと見る

サッカーニュースランキング

サッカーランキングをもっと見る
お買いものリンク