骨髄移植受けたG大阪Jrユース多田吾郎「これからの生命を救っていきたい」医師志望を決断


 ガンバ大阪は10日、再生不良性貧血という難病を発症していたガンバ大阪ジュニアユース所属のGK多田吾郎の近況を発表した。同選手は昨年8月に骨髄移植を行い、すでに日常生活を過ごせるようになっているという。

 クラブはあわせて多田からファン・サポーターへのメッセージを公表。「僕はガンバ大阪ジュニアユースを辞めさせていただくことにしました。その理由は、2つあります」とつづった多田は、新たな道に進むことを決めたようだ。

「1つ目は、僕はプロになりたくて、プロとしてサッカーをしたくて、ガンバ大阪ジュニアユースに入団しました。プロになることを目標に、日々練習に精を出していました。ですが、サッカーができない日々が続き、プロになりたいという気持ちが薄れていきました。そして、そんな時、僕のジュニアユースの同学年の戦友が、必死に頑張っている姿を見て、プロになる目標、夢への意識が薄くなっている自分がいる場所ではないと思ったからです」。

「2つ目は、僕に新しい目標ができたからです。それは、自分を病気から救ってくれたお医者さんになり、自分が救ってもらったように、新しいこれからの生命を救っていきたいと思ったからです。そして、これからはこの自分の新たな目標を、無我夢中で追いかけたいと思います!」

 医師の道を志すことを決めた多田は「今まで応援ありがとぉぉぉぉぉーーーう!これからもがんばりマスカット。(笑)そして、これからも応援よろしくお願いします」とコメント。クラブも「多田選手の新たな夢に向かう強い意志を尊重し、これからも共に歩んでいきたいと思います。皆様におきましても、多田選手へ引き続きご支援・ご声援のほどよろしくお願い致します」とサポートの姿勢を示している。
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2021シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

当時の記事を読む

ゲキサカの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「ガンバ大阪」に関する記事

「ガンバ大阪」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「ガンバ大阪」の記事

次に読みたい「ガンバ大阪」の記事をもっと見る

スポーツニュースランキング

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク