初出場・帝京長岡が日ノ本学園撃破し、準決勝進出!神村学園も12年以来の4強入り:女子準々決勝第1試合


 令和3年度全国高校総体(インターハイ)「輝け君の汗と涙 北信越総体2021」女子サッカー競技(福井)は19日、準々決勝を行い、午前9時15分開始の第1試合で帝京長岡高(北信越、新潟)と神村学園高(九州2、鹿児島)が準決勝進出を決めた。

 帝京長岡は初出場で4強進出。優勝5回、準優勝2回の日ノ本学園高(関西2、兵庫)と対戦した帝京長岡は、後半27分にDF吉田玲音(1年)が決勝点を決め、1-0で勝った。

 また、神村学園は前橋育英高(関東2、群馬)と対戦。前半16分に1年生MF三冨りりかが決めた1点を守って1-0で勝ち、12年大会以来の準決勝進出を果たしている。

 準々決勝第2試合は11時30分開始予定となっている。

【準々決勝】
(8月19日)
[日東シンコースタジアム丸岡人工芝北コート]
日ノ本学園高 0-1 帝京長岡高
[帝]吉田玲音(62分)

藤枝順心高 11:30 東海大福岡高

[日東シンコースタジアム丸岡人工芝南コート]
前橋育英高 0-1 神村学園高
[神]三冨りりか(16分)

尚志高 11:30 作陽高●【特設】高校総体2021
編集部おすすめ

当時の記事を読む

ゲキサカの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「高校サッカー」に関する記事

「高校サッカー」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「高校サッカー」の記事

次に読みたい「高校サッカー」の記事をもっと見る

サッカーニュースランキング

サッカーランキングをもっと見る
お買いものリンク