2度目の優勝狙う藤枝順心と初V目指す作陽が準決勝進出:準々決勝第2試合


 令和3年度全国高校総体(インターハイ)「輝け君の汗と涙 北信越総体2021」女子サッカー競技(福井)は19日、準々決勝を行い、午前11時30分開始の第2試合は藤枝順心高(東海1、静岡)と作陽高(中国、岡山)が勝った。

 2度目の優勝を狙う藤枝順心は、初の4強入りを懸けた東海大福岡高(九州1、福岡)と対戦。後半14分に交代出場の1年生FW久保田真生が決勝点を決め、1-0で勝った。

 また、初優勝を目指す作陽は、初出場の尚志高(東北2、福島)と対戦。後半31にMF中野琴音(2年)が決勝点を決め、1-0で勝った。藤枝順心は2大会ぶりの4強入り。作陽は3大会ぶりの準決勝進出となった。

 なお、第1試合では初出場の帝京長岡高(北信越、新潟)と過去3位が最高成績の神村学園高(九州2、鹿児島)が勝利。21日の準決勝で帝京長岡と藤枝順心、神村学園と作陽がそれぞれ戦う。

【準々決勝】
(8月19日)
[日東シンコースタジアム丸岡人工芝北コート]
日ノ本学園高 0-1 帝京長岡高
[帝]吉田玲音(62分)

藤枝順心高 1-0 東海大福岡高
[藤]久保田真生(49分)

[日東シンコースタジアム丸岡人工芝南コート]
前橋育英高 0-1 神村学園高
[神]三冨りりか(16分)

尚志 0-1 作陽高
[作]中野琴音(66分)●【特設】高校総体2021
編集部おすすめ

当時の記事を読む

ゲキサカの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

サッカーニュースランキング

サッカーランキングをもっと見る
お買いものリンク