パラ5位決定戦でスペインと最後の対戦へ…5人制サッカー日本代表・高田監督「“僕らのサッカー”をしよう」

パラ5位決定戦でスペインと最後の対戦へ…5人制サッカー日本代表・高田監督「“僕らのサッカー”をしよう」
拡大する(全1枚)
5人制サッカー日本代表の高田敏志監督

 5人制サッカー(ブラインドサッカー)日本代表は、グループリーグを1勝2敗の3位で終了。準決勝に進むことはできず、2日の5位決定戦でスペインと対戦することになった。

 メダル獲得のチャンスは逃したものの、日本は着実に成長を遂げている。その要因のひとつは高田敏志監督のプランによるものだろう。2013年に5人制サッカー日本代表のGKコーチに就任すると、15年から監督に就任。選手のコンディションや食事、トレーニングの負荷などに科学的アプローチで取り組み、さらに戦術面の改革も行った。

 パラリンピックでも、戦術性が目立った。守備では4人の選手がダイヤモンド型になり、互いの距離間は均等。その守備網で相手の縦パスやミドルシュートを阻み、さらに均等のままスライドしながら、個人技での突破からボールを絡み取った。

 初の準優勝に終わった6月のワールドグランプリでは、アルゼンチンとの決勝で2失点を喫したが、グループリーグ4試合では出場国最少の1失点のみ。“堅守”は、日本の大きな武器となっていた。

 攻撃面でも日本は大きな進化を見せた。指揮官は、サッカーでも取り入れられている「攻撃」「攻から守」「守備」「守から攻」の“4つの局面”の考え方を強く意識。攻撃が終われば、素早く守備に切り替える。後方でボールをキープできればGKへバックパス、またはラインを割った瞬間に、フィールドプレーヤーは「守から攻」に素早く意識を切り替え、それぞれの配置へ。晴眼者のGK
編集部おすすめ

当時の記事を読む

ゲキサカの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「サッカー日本代表」に関する記事

「サッカー日本代表」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「サッカー日本代表」の記事

次に読みたい「サッカー日本代表」の記事をもっと見る

サッカーニュースランキング

サッカーランキングをもっと見る
お買いものリンク