“古巣対決”で華麗な2アシスト。関東一MF肥田野蓮治は覚悟の10番を背負って再び全国へ

“古巣対決”で華麗な2アシスト。関東一MF肥田野蓮治は覚悟の10番を背負って再び全国へ
拡大する(全1枚)
関東一高の10番を背負うMF肥田野蓮治

[9.4 高円宮杯東京1部リーグ第9節 FC東京U-18(B) 2-3 関東一高]

 中学生の3年間で纏っていた青赤のユニフォームを目の前にした時は、いつだって内側から強い気持ちが湧き上がってくる。ただ、それはもう決してネガティブな感情じゃなく、自分の成長を見せ付けたいと願うポジティブな感情に変わっている。

「やっぱりユースに上がれなかったので、同い年のヤツらとかが出ていると、自分もやらなきゃいけないなという気持ちになりますし、FC東京とやる時は絶対勝ちたいという想いがあったので、3点目が入った瞬間は本当に嬉しかったです」。関東一高の10番を託されたレフティ。MF肥田野蓮治(3年=FC東京U-15深川出身)は華麗な2アシストで、“古巣”撃破の主役を担った。

「立ち上がりは守備がうまくハマらなくて、チームがバラバラでしたし、2点を先制されて苦しい感じで、結構メンタル的にもやられていました」。肥田野が正直に明かしたように、FC東京U-18(B)の攻撃にさらされ、前半の関東一はほとんど何もできずに2点のビハインドを背負わされる。

 特に同い年のMF高橋安里(3年)が前半だけで2ゴール。「同じポジションの逆に安里がいたんですけど、今日も実際にやってみて『やっぱり上手いな』と思いましたね」。さらに、マッチアップする相手は中学時代の後輩に当たる。「今日は左サイドバックだった松本愛己には、自分が深川の3年の時にポジションを取られることもあって、年下相手にもプライドがあったので、『絶対に負けたくない』という気持ちでやりました」。このままでは終われない。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

ゲキサカの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

サッカーニュースランキング

サッカーランキングをもっと見る
お買いものリンク