アントワープEL黒星発進…三好は先発で見せ場つくるも途中交代


[9.16 ELグループD第1節 オリンピアコス2-1アントワープ]

 UEFAヨーロッパリーグは16日、グループリーグ第1節を各地で行い、MF三好康児所属のアントワープ(ベルギー)は敵地でオリンピアコス(ギリシャ)と対戦した。右サイドで先発した三好はチャンスこそつくったが、ゴールに絡めないまま後半22分に途中交代。チームも終盤の失点でリードされ、1-2で敗れた。

 4-4-2の右サイドハーフで先発した三好は前半2分、さっそく見せ場をつくった。右サイドで味方のスルーパスを受け、相手と競り合いながら敵陣深くに攻め込むと、浮きあがったボールの勢いを殺さず右足クロスを供給。これがFWムブワナ・サマッタの頭にピタリと合ったが、シュートは惜しくも枠を外れた。

 その後はオリンピアコスに主導権を握られ、多くのピンチを迎えたアントワープ。前半39分にはFWマディ・カマラのクロスからFWユスフ・エル・アラビにアクロバティックなシュートを叩き込まれた。だが、これはわずかにオフサイド。救われたアントワープは前半終了間際、MFビクトル・フィッシャーらがチャンスを作るもゴールには至らず、0-0でハーフタイムを迎えた。

 アントワープは後半立ち上がり、三好のFKから惜しいチャンス。ところがこれが不発に終わると後半7分、カマラのクロスからエル・アラビにヘディングシュートを決められ、先制点を献上した。その後は三好が中盤のスペースで攻撃を前進させる場面もあったが、なかなかゴールにつながらなかった。

当時の記事を読む

ゲキサカの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

スポーツニュースランキング

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク