フットサルW杯日本代表、世界ランク1位スペインに大奮戦…後半逆転負けで金星逃すも16強に大きな望み


[9.17 フットサルW杯GL第2節 日本2-4スペイン]

 フットサル日本代表は17日、リトアニアで行われているフットサルワールドカップのグループリーグ第2戦でスペイン代表と対戦し、2-4で敗れた。世界ランキング1位の相手に前半をリードして終えるという大善戦を見せたが、後半に逆転され、金星を挙げることはできなかった。

 日本は初戦のアンゴラ代表戦に8-4で勝利し、FW三浦知良(横浜FC)を擁して過去最高成績を残した2012年タイ大会のベスト16超えに向け、好スタートを切った。勝てば決勝トーナメント進出が確実となる第2戦では、過去2大会優勝で世界1位のスペイン(日本は14位)に挑んだ。

 先発はアンゴラ戦から守護神を変更し、GKピレス・イゴール、FP吉川智貴、FP清水和也、FP逸見勝利ラファエル、FPオリベイラ・アルトゥールを起用。序盤からスペインの攻撃を高い位置で牽制し、互角の戦いを繰り広げた。

 それでも前半4分、スペインは素早いパスワークから左サイドをFPアドルフォが攻め込むと、ゴールからやや離れた位置からFPボルハが右足を一閃。精度とパワーを兼ね備えたシュートが日本ゴールに突き刺さった。

 だが、選手交代でセットを変えた日本も譲らない。前半5分、FP星翔太が果敢なプレッシングでセカンドボールを獲得すると、ミドルレンジから左足を一閃。相手に当たって軌道が変わったボールがゴール右上に突き刺さり、早くも同点に追いついた。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

ゲキサカの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「フットサル」に関する記事

「フットサル」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「フットサル」の記事

次に読みたい「フットサル」の記事をもっと見る

サッカーニュースランキング

サッカーランキングをもっと見る
お買いものリンク