少しずつ「タフになってきた」。プリンス九州2位の日章学園が0-2から熊本ユースに逆転勝ち!


[9.23 高円宮杯プリンスリーグ九州第5節 熊本ユース 2-3 日章学園高]

 インターハイで学んだ日章学園が、プリンスリーグの連勝を4へ伸ばす――。高円宮杯JFA U-18サッカープリンスリーグ2021 九州は23日、延期されていた第5節のロアッソ熊本ユース(熊本)対日章学園高(宮崎)戦を行い、暫定2位の日章学園が3-2で逆転勝ち。連勝を4へ伸ばした日章学園は、消化試合こそ2試合多いものの、勝ち点21で首位・神村学園高(鹿児島)と並んだ。

 日章学園は今夏のインターハイでU-20日本代表候補CBチェイス・アンリ(3年)擁する尚志高(福島)と鹿島学園高(茨城)を下し、ベスト16。3回戦で同大会準優勝の米子北高(鳥取)にPK戦で敗れた。原啓太監督は「三者三様のチームとやれて、一つだけ言えるのはタフさや強さの部分は、僕らは足りなかった。勉強になりました」。練習から意識して取り組んでいるものの、米子北の連続性や強度にはまだ及ばない。それでも、この日は0-2から逞しく、逆転勝ちをしてのけた。

 序盤、現在8位・熊本ユースが攻勢に試合を進める。開始直後の1分、右スローインからMF志賀寛大(3年)が仕掛けて中央へ折り返す。そして、PAのFW城洸佑(2年)がゴールを背にした状態から、浮き球を右足アウトに引っ掛ける形でシュート。これがGKの頭上を越えてゴールへ吸い込まれた。

 ボールを握りながら前進しようとする熊本ユースに対し、日章学園は準備してきた前線からのプレスで対抗。守りを安定させた一方、攻撃に転じた直後に細かなミスが出たり、セカンドボールの回収を許したりするなど主導権を握ることができない。迎えた23分、熊本ユースはこの日左FWとして起用され、縦突破などを見せていたMF

当時の記事を読む

ゲキサカの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「ロアッソ熊本」に関する記事

「ロアッソ熊本」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「ロアッソ熊本」の記事

次に読みたい「ロアッソ熊本」の記事をもっと見る

スポーツニュースランキング

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク