神戸、大迫→武藤ホットラインからV弾!5バックで逃げ切り清水撃破、2連勝で3位浮上


[9.24 J1第30節 清水0-2神戸 アイスタ]

 ヴィッセル神戸が敵地で清水エスパルスを2-0で下して2連勝を飾った。勝ち点を54に伸ばすと、名古屋を得失点差で逆転して3位に浮上した。

 神戸は18日の札幌戦で3試合ぶり勝利。同試合で右足を負傷したFW武藤嘉紀の状態が心配されたが、先発メンバーに名を連ねた。一方の清水は前節の仙台戦で9試合ぶりの白星。今季初の連勝を狙いたい一戦だが、仙台戦で移籍初ゴールを決めたFW藤本憲明が契約上の関係で出場不可。FWチアゴ・サンタナとFW鈴木唯人の2トップで臨むことになった。

 立ち上がり早い時間帯に神戸が先制点を奪った。前半9分、左サイドでDF初瀬亮のパスを受けたFW大迫勇也が左足でクロスを上げると、飛び込んだFW武藤嘉紀が頭で合わせる。これがDF井林章に当たってディフレクション。GK権田修一も取れないニアサイドに飛んだ。

 今夏加入の武藤は4試合で3アシストを記録。好調を持続させていたが、J復帰5試合目で待望の初ゴールを決めた。J1でのゴールはFC東京に在籍した2015年6月7日の松本戦以来で6年109日ぶりとなった。

 一方の先制を許した清水も前半終盤に立て続けにチャンスを作る。ただ前半34分のMF西澤健太の右クロスを合わせたFWチアゴ・サンタナのヘディングはGK飯倉大樹の好セーブに防がれる。同43分には右サイドを西澤とのコンビネーションで崩したDF
編集部おすすめ

当時の記事を読む

ゲキサカの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「ヴィッセル神戸」に関する記事

「ヴィッセル神戸」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「ヴィッセル神戸」の記事

次に読みたい「ヴィッセル神戸」の記事をもっと見る

サッカーニュースランキング

サッカーランキングをもっと見る
お買いものリンク