J1にサプライズの風を吹かせている浦和MF平野佑一「僕のターニングポイントはルヴァンの川崎F戦」

J1にサプライズの風を吹かせている浦和MF平野佑一「僕のターニングポイントはルヴァンの川崎F戦」
拡大する(全1枚)
浦和レッズMF平野佑一

[10.16 J1リーグ第32節 浦和 1-1 G大阪 埼玉]

 シュート数はG大阪の8本に対して浦和レッズは20本。相手の倍以上のシュートを打ったが、終わってみれば決定力を欠いたことが響いての1-1だった。

 バックスタンドに「ASIA」の文字が浮かび上がった埼玉スタジアムで追いつかれてのドロー。後半アディショナルタイムにMF江坂任のPKで勝利を手繰り寄せたかと思いきや、その直後に相手にPKを与えてしまう試合運びのまずさはもちろん、チャンスで決めきれなかったことに課題が残る試合だった。

「本当に、もったいない試合だったと思います」

 中盤の底でリーグ戦4試合連続先発となったMF平野佑一は、「前半はヤマ君(山中亮輔)のクロスからチャンスをたくさん作れていたので、そこで決められなかったことが試合を左右したと思う」と、唇を噛むように言った。

 とはいえ、リーグ戦の中断期間中の8月6日にJ2水戸から電撃的に加入し、練習参加もほどほどに8月14日の鳥栖戦で“J1デビュー”を果たすと、そのままレギュラーの座をつかみとった司令塔は、加入から2か月ですっかり中心選手となっている。その姿は、J1にある種のサプライズをもたらしている。

 この間の自身のプレーをどのように見ているかを尋ねると、このような答えが返ってきた。

「僕的にターニングポイントになったのはルヴァンカップの川崎F戦の2試合。川崎を相手にある程度自分のサッカーが通用するということで、自信を持てた。それまでも自分の色を出そうとは思っていたが、本当の落ち着きという意味で、その2試合がターニングポイント。そこからは自分のストロングを披露できているのかなと、ピッチレベルで感じている」
編集部おすすめ

当時の記事を読む

ゲキサカの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「川崎フロンターレ」に関する記事

「川崎フロンターレ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「川崎フロンターレ」の記事

次に読みたい「川崎フロンターレ」の記事をもっと見る

サッカーニュースランキング

サッカーランキングをもっと見る
お買いものリンク