[プレミアリーグWEST]公立校の大津がクラセン王者・名古屋U-18を5発撃破!2位浮上:第15節

 高円宮杯JFA U-18サッカープレミアリーグ2021 WESTは17日、第15節を行った。公立校の大津高(熊本)が優勝争いに食い込んでいる。アウェーでクラブユース選手権王者の名古屋グランパスU-18と対戦した大津は、前半9分にMF薬師田澪が先制ゴール。14分にもDF岩本昌大郎が直接FKを決めて突き放す。前半だけで5得点を挙げた大津は名古屋U-18の反撃を1点に封じ、5-1で快勝。首位・広島ユースとの勝ち点1差の2位へ浮上した。

 4位のサガン鳥栖U-18(佐賀)は前半12分にDF安藤寿岐のゴールで先制するなど3-0で前半を折り返すと、後半にもFW大里皇馬の2発やU-24日本代表DF中野伸哉のゴールなど4得点を加えてジュビロ磐田U-18(静岡)に7-0で大勝した。

 7位・東福岡高(福岡)対京都サンガF.C.U-18(京都)戦は、前半1分に京都U-18MF熊谷空大がCKから先制ゴール。対して東福岡は前半アディショナルタイムにMF楢崎海碧の4試合連続となるゴールで同点に追いつく。後半、京都U-18は交代出場MF安藤友敬のゴールで再び勝ち越したが、東福岡は後半41分に交代出場MF大渕来珠が同点ゴールを決め、引き分けに持ち込んでいる。

【第15節】
(10月16日)
[吉田サッカー公園 人工芝グラウンド]
サンフレッチェ広島ユース 5-1 ガンバ大阪ユース
[広]棚田遼3(44、69、87分)、池田柚生
編集部おすすめ

当時の記事を読む

ゲキサカの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「欧州サッカー」に関する記事

「欧州サッカー」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「欧州サッカー」の記事

次に読みたい「欧州サッカー」の記事をもっと見る

サッカーニュースランキング

サッカーランキングをもっと見る
お買いものリンク