飯塚高から3年連続Jリーガー誕生。鳥取内定のFW高尾流星は「結果を残して」信頼を勝ち取る


 ガイナーレ鳥取は21日、飯塚高(福岡)FW高尾流星(3年)の22年シーズンからの新加入が内定したことを発表した。飯塚高からのJリーグクラブ加入はFW村越凱光(現松本)、DF川前陽斗(現沼津)に続いて3年連続。高尾は「(先輩2人がJクラブへ進み、)プロに行くのが当たり前という環境で育ってきたので、その部分ではありがたく思っています。凱光君や川前より自分の方が3年間先生(中辻喜敬監督)に厳しく指導してもらったので、その2人より活躍する自信はあります」と力を込めた。

 高尾は万能型のストライカー。福岡の新興勢力・飯塚で2年時から主軸となり、「(先輩の川前からもプロへ)『行けるやろうな』みたいな感じで言われていました」と振り返る。今年は九州でも注目される存在だったが、股関節の怪我などによって苦しい1年だった。

 痛みがある中でプレーしたり、休んだりの繰り返しに。それでも、インターハイ福岡県予選では、9連覇を狙った東福岡高との準決勝で2ゴールを決めるなどチームを全国大会初出場へ導いている。だが、注目校のエースストライカーとして臨んだインターハイは3試合で無得点。体の動きが鈍く、スタッフと話し合いながら出場を続けたが、気負いすぎた部分もあって、悔しい結果となった。

 プロ志向の高尾にとっては、アピール不足の悔しい夏に。それでも、コンディションを調整し、鳥取への2度の練習参加でプロ入りを勝ち取った。9月、1度目の練習参加は3日間で十分なプレーができなかったというが、「2回目はスピード感に慣れて、ちょっとは良かったのかなと思います。練習中の紅白戦だったりでは背後の抜け出しが良かったかなと思いますし、エリートリーグはシュートまで何本か持って行けたのが良かったと思います」。評価を得て、目指していた高卒でのプロ入りを果たした。

この記事の画像

「飯塚高から3年連続Jリーガー誕生。鳥取内定のFW高尾流星は「結果を残して」信頼を勝ち取る」の画像1 「飯塚高から3年連続Jリーガー誕生。鳥取内定のFW高尾流星は「結果を残して」信頼を勝ち取る」の画像2 「飯塚高から3年連続Jリーガー誕生。鳥取内定のFW高尾流星は「結果を残して」信頼を勝ち取る」の画像3 「飯塚高から3年連続Jリーガー誕生。鳥取内定のFW高尾流星は「結果を残して」信頼を勝ち取る」の画像4
「飯塚高から3年連続Jリーガー誕生。鳥取内定のFW高尾流星は「結果を残して」信頼を勝ち取る」の画像5
編集部おすすめ

当時の記事を読む

ゲキサカの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「ガイナーレ鳥取」に関する記事

「ガイナーレ鳥取」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「ガイナーレ鳥取」の記事

次に読みたい「ガイナーレ鳥取」の記事をもっと見る

サッカーニュースランキング

サッカーランキングをもっと見る
お買いものリンク