『アルディージャとはどういうチームか』。試行錯誤と進歩を重ねる大宮U18が6発圧勝!


[10.23 プレミアリーグEAST第8節 大宮U18 6-1 横浜FMユース 埼スタ第2]

 シーズンも終わりが見えてきた10月下旬。この時期になっても、高校年代のチームは確かな変化に順応しながら、十分に成長していくことができる。事実として、オレンジ軍団の若武者たちはそれを体現し始めている。

「僕の仕事は選手を育てること、チームを良くしていくこと、マネジメントすることというのが大きな役割としてあると思うんですけど、自分の中では今年のチームがあと何か月かは関係なくて、良いと思ったことはやるべきですし、うまく行っていない時は、どうすればうまく行くのかというのを考えなくてはいけないですし、常に試行錯誤しながらその時その時で臨機応変にやっていかなくてはいけなくて、絶対こうやったらうまく行くというものがあるのであれば、逆に教えてほしいですよ(笑)」(大宮アルディージャU18・丹野友輔監督)。

 自発的な行動習慣が結果に繋がった大勝劇。23日、高円宮杯 JFA U-18 サッカープレミアリーグEAST第8節、大宮アルディージャU18(埼玉)と横浜F・マリノスユース(神奈川)が激突したゲームは、ホームチームがゴールラッシュ。FW前澤拓城(2年)の先制弾を皮切りに、FW高橋輝(2年)、DF大井勇人(3年)のゴールに加え、エースのFW山崎倫(3年)もハットトリックを達成した大宮U18が、6-1で大きな勝ち点3を獲得している。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

ゲキサカの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「大宮アルディージャ」に関する記事

「大宮アルディージャ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「大宮アルディージャ」の記事

次に読みたい「大宮アルディージャ」の記事をもっと見る

サッカーニュースランキング

サッカーランキングをもっと見る
お買いものリンク