[MOM3625]佐賀商MF中原魁二(3年)_今大会がサッカー人生の集大成。一般企業内定のキャプテンが1ゴール1アシストの大活躍!


[高校サッカー・マン・オブ・ザ・マッチ]
[10.31 選手権佐賀県予選準決勝 鳥栖高 0-5 佐賀商高 鹿島市陸上競技場]

 予想外だった。3年生が夏で引退した鳥栖高は全選手が下級生。前評判でも佐賀商高が有利と見られていた。しかし、蓋を開けると、気持ちが入り過ぎたが故に思うようなプレーができない。選手たちは浮き足立ち、周りを使う局面でも強引に突破する場面が多く見られた。硬さが目立った佐賀商において、普段通りのプレーを見せていた選手がいる。キャプテンのMF中原魁二(3年=鹿島市立西部中出身)だ。3列目の位置でボールを冷静に捌き、守備でもしっかり身体を寄せてボールを奪い切る。得点が遠い展開でも動じず、前半38分にはボランチの位置からゴール前に顔を出し、FW田雑蓮(3年)のゴールをお膳立てした。

 この先制点でチームを落ち着かせると、後半も攻守で違いを作る。後半17分には右サイドを抜け出したFW原口海斗(3年)の折り返しに合わせ、チームの3点目を奪った。

 1ゴール、1アシストの大活躍。序盤の苦戦を跳ね除けた佐賀商において、中原が示した存在感は抜群だった。そんな中原のプレーぶりに松尾智博監督も賛辞を惜しまない。

「佐賀商の中では技術があり、プレーの判断がしっかりできる選手。精神的にも成長して、きちんとやってくれているので非常に助かる。先制点も中原がバイタルエリアに侵入したところから。あいつがボールを持つと、違いが作り出せる」
編集部おすすめ

当時の記事を読む

ゲキサカの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「高校サッカー」に関する記事

「高校サッカー」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「高校サッカー」の記事

次に読みたい「高校サッカー」の記事をもっと見る

サッカーニュースランキング

サッカーランキングをもっと見る
お買いものリンク