五輪組を一挙抜擢、王者・川崎F勢も増加…森保J大量27人招集で顔ぶれに変化


 日本サッカー協会(JFA)は4日、11月のカタールW杯アジア最終予選2試合に臨む日本代表メンバー発表した。コロナ禍のアウェー2連戦では選手の入れ替えが困難なため、アクシデントに備えてベンチ入り上限より4人多い27選手を招集。メンバーの顔ぶれにもこれまで以上の変化があった。

 まず東京五輪組のDF旗手怜央(川崎F)、MF三笘薫(ロイヤル・ユニオン・サンジロワーズ)の初選出が大きなトピック。2018年12月のアジア杯直前合宿で、当時大学生だった両選手はトレーニングパートナーとして森保ジャパンに帯同した経験を持つが、正式なメンバー入りは初めてだ。三笘は当時、流通経済大との練習試合で“A代表初ゴール”も決めており、次は公式記録に残る得点に期待がかかる。

 また東京五輪世代中心で臨んだ19年コパ・アメリカメンバーのFW前田大然(横浜FM)、FW上田綺世(鹿島)もA代表に復帰。いずれもフルメンバーのチームに選出されるのは初めてで、事実上の“初招集”となった。森保ジャパン発足当初からエースを担ってきたFW大迫勇也(神戸)のコンディションが懸念され、FWオナイウ阿道(トゥールーズ)も選ばれていない中、五輪世代を牽引してきたストライカーの出番はありそうだ。

 さらに国内組からDF谷口彰悟、DF山根視来の川崎フロンターレ勢が今年9月以来となる復帰を果たした。森保ジャパンは10月のオーストラリア戦で川崎Fと同じ4-3-3を採用し、中盤のMF
編集部おすすめ

当時の記事を読む

ゲキサカの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「川崎フロンターレ」に関する記事

「川崎フロンターレ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「川崎フロンターレ」の記事

次に読みたい「川崎フロンターレ」の記事をもっと見る

サッカーニュースランキング

サッカーランキングをもっと見る
お買いものリンク