「巧い」MF平原隆暉が北九州内定。昌平高の「7」の先輩、MF針谷岳晃を「越えられるような活躍ができれば良い」


 ギラヴァンツ北九州は9日、昌平高(埼玉)MF平原隆暉(3年=FC LAVIDA出身)の2022年シーズン新加入内定が決まったことを発表した。平原はチームメートのMF井野文太(3年)とともに北九州入り。「まず1年目から絶対に出て、チームに貢献するというのがまず一番。そこができなければ上に行けないので、そこをまず目標にして頑張っていきたいです」と意気込んだ。

 平原は強豪・昌平で2年時からチーム屈指と言われていた技術力の高さや守備センスの高さが特長。昨年度の選手権埼玉県予選決勝で2得点を挙げてチームを全国大会へ導くと、全国大会2回戦の京都橘高戦でも貴重なゴールを決めた。大舞台でボールを循環させる力に加えて、決める力も証明したMFは全国8強を経験し、今年は注目選手の一人に。練習参加を経て北九州内定を得た。

 練習参加では特長である技術力でアピール。「自分のストロングポイントは技術力だと思うので、練習参加でもポゼッションの練習が多かったですし、技術というところは見てもらえたかなと思います」。自信を持っているが、プロの選手達に比べると安定感はまだまだ。「プロとの差を感じました」という。

 特に練習参加時で影響を受けたのは、昌平の先輩でもあるMF針谷岳晃の動きだ。「練習参加する前から気になってギラヴァンツの試合を見たりしていたんですけれども、小さくても判断スピードとかで攻撃のアクセントになるプレーができるんだなと凄く感じました」。針谷の高校時代の背番号は「7」。現在、昌平の「7」を背負う平原は「今、全然及んでいないですけれども、ギラヴァンツ行って、針谷君を越えられるような活躍ができれば良い」という思いを持って、プロ入り前の日々を過ごしている。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

ゲキサカの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

サッカーニュースランキング

サッカーランキングをもっと見る
お買いものリンク