「攻撃力を倍増」するために磨いた守備発揮し、攣るまで走った静岡学園が被シュート1で藤枝東完封!静岡3冠達成!


[11.13 選手権静岡県予選決勝 藤枝東高 0-2 静岡学園高 エコパ]

 静岡学園が00年の清水商高以来、21年ぶりの県3冠を達成――。第100回全国高校サッカー選手権静岡県予選決勝が13日に行われ、全国出場25回の藤枝東高と同12回の静岡学園高が激突。静岡学園が2-0で勝ち、2年ぶり13回目の全国大会出場を決めた。

 被シュートわずか1本。静岡学園は川口修監督が「我々のストロングは攻撃なので、攻撃を活かすためには守備力を上げようと。守備力を上げて『攻撃力を倍増する』と。練習の中で落とし込んでそういう意識でやりました」という守備によって、名門校対決で差を生み出した。例年、“王国の技巧派軍団”はまずボールを自由自在に扱うことや、試合で発揮するための技術・創造性習得に時間を割き、守備に取り組むのは秋頃になってから。それでも、インターハイで“基準”を学び、意識高く構築してきた守備の成果が大舞台で発揮された。

 試合は拮抗した序盤から徐々に静岡学園が押し込む展開に。だが、藤枝東は右SB野田隼太郎(1年)が静岡学園の磐田内定MF古川陽介(3年)の個人技に対してよく食い下がる。また、左SB恒岡大雄主将(3年)も対面のU-17日本代表候補MF高橋隆大(2年)に簡単には突破を許さない。SHのプレスバックの意識も高く、静岡学園の強みであるドリブルを封じていた。

 静岡学園は多くの時間でボールを支配し、コンビネーションから高橋がシュートを放つシーンもあったが、相手の分厚い守備の前にアイディアやテクニックで会場を沸かせた回数はわずか。重心を下げて戦う藤枝東を攻略できないでいた。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

ゲキサカの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「高校サッカー」に関する記事

「高校サッカー」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「高校サッカー」の記事

次に読みたい「高校サッカー」の記事をもっと見る

サッカーニュースランキング

サッカーランキングをもっと見る
お買いものリンク