…で、誰!? デ・ブライネが明かしたペップの“秘密”「彼はときどき忘れるんだ」


 マンチェスター・シティMFケビン・デ・ブライネがジョゼップ・グアルディオラ監督の熱血エピソードを明かしている。英紙『サン』が伝えた。

 16年からマンチェスター・Cを率いるグアルディオラ監督は、今季で6シーズン目の指揮を執っている。17-18、18-19、20-21シーズンと3度のプレミア制覇に導いてきた名将だが、時に“あること”を忘れてしまうようだ。デ・ブライネが『MidMid Podcast』で明かしている。

「試合前には必ずミーティングをするんだ。ペップが『我々はこれとこれとこれをやるつもりだ。さあ行こう!!』と話すんだけど、僕たちは言うんだ。『ペップ、誰が出場するんだい』と。彼はときどき忘れてしまうんだ」

 指示を出すことに熱が入り過ぎて、スタメンを発表するのを時に忘れてしまうことがあるという。

 そして、デ・ブライネは「彼にとって勝利は重要だけど、それ以上に彼の哲学は重要なんだ。多くの人は理解していないかもしれないけど、ペップはカウンターの戦術で勝利を得るなら、自分のサッカーで負ける方がマシだと思っている。彼は攻撃的なサッカーをとても愛しているんだ」と続けている。
●プレミアリーグ2021-22特集
編集部おすすめ

当時の記事を読む

ゲキサカの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「マンチェスター・シティ」に関する記事

「マンチェスター・シティ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「マンチェスター・シティ」の記事

次に読みたい「マンチェスター・シティ」の記事をもっと見る

サッカーニュースランキング

サッカーランキングをもっと見る
お買いものリンク