[関東]貫いた一途な思い…流通経済大MF安居海渡「いずれはレッズに行きたいなという思いで」


 今年の関東大学リーグ1部ベストイレブンも、Jリーグ内定者が多数並ぶ豪華な布陣となった。優勝した流通経済大からはMVPを獲得したDF佐々木旭(4年=埼玉平成高/川崎F内定)、DF宮本優太(4年=流通経済大柏高/浦和内定)、そしてMF安居海渡(4年=浦和学院高/浦和内定)の3選手が選ばれた。

 J1内定7選手を抱える今季の流経大にあって、上記3人は特に替えがきかない選手と言われてきた。3選手はリーグ全22試合に出場。コロナ禍で活動休止を2度強いられた難しいシーズンだったが、前評判通りの優勝に導いた。

 安居は佐々木と並び、強豪Jクラブが争奪戦を繰り広げた選手の一人だった。大学2年のオフに早くも名古屋グランパスがキャンプに招待。そこでの高評価、そして何より「自分なりにできたと思えたことが大きかった」という。

 大学3年生のシーズンは2部リーグを戦ったが、試合に出るたびにスカウトから声をかけてもらえるようになった。名古屋のほか、清水や磐田、大分など、多くのクラブが安居を誘った。「グランパスさんでできた自信が大学サッカーでも現れていて、それがいろんなチームの目に留まったのかなと思います」。

 “きっかけは名古屋”。オファーも貰っていたことで、「正直、グランパスに決めようかと思っていた」という。「最初は浦和に行きたいと思っていたけど、(伊藤)敦樹くんに声がかかったときに同じポジションでかぶるので、たぶん呼ばれないだろうとなった。そこで自分はグランパスでと思ったんです」。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

ゲキサカの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

サッカーニュースランキング

サッカーランキングをもっと見る
お買いものリンク