上田綺世がヘディング弾で今季14点目! 鹿島は鳥栖を撃破し、ホーム最終戦白星で4位浮上

上田綺世がヘディング弾で今季14点目! 鹿島は鳥栖を撃破し、ホーム最終戦白星で4位浮上
拡大する(全1枚)
鹿島アントラーズが4位浮上

[11.27 J1第37節 鹿島1-0鳥栖 カシマ]

 J1リーグは27日に第37節を行った。鹿島アントラーズサガン鳥栖の対戦は、鹿島が1-0で勝利。順位を4位に浮上させた。

 5位・鹿島と7位・鳥栖の中位対決。互いにひとつでも順位を上げるベく、試合に臨む。鹿島は前半14分に先制。MFディエゴ・ピトゥカの縦パスを受けたMF和泉竜司が左サイドからクロスを上げる。ファーサイドのFW上田綺世がフリーでヘディングシュートを放ち、ゴールに突き刺した。上田は今季リーグ戦14点目となった。

 鹿島は前半30分、中盤でこぼれたボールをFW荒木遼太郎が最前線にパスを通す。反応した上田が相手守備ラインの裏で収め、シュート。しかし、GK朴一圭に阻まれた。

 鳥栖も前半31分にMF樋口雄太のシュートなどで反撃を仕掛けるが、相手ゴールを脅かすまで行かず。終盤にかけて、再び鹿島の猛攻を浴び、前半は0-1とリードを許したまま折り返した。

 後半に入っても、鳥栖はゴールに近づけない。後半24分には2枚替え。MF小屋松知哉とFW酒井宣福を下げ、MF相良竜之介とFW山下敬大が入る。一方、鹿島も同36分に3枚の交代カードを切り、DF常本佳吾、荒木、上田に代えて、DF永戸勝也、MF遠藤康、FWエヴェラウドが出場した。

 鹿島は20本近くのシュートを打ち、最後まで攻め続ける。そのまま試合を終え、1-0でホーム最終戦を白星で飾った。順位は再び4位に浮上している。
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2021シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!
編集部おすすめ

当時の記事を読む

ゲキサカの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「鹿島アントラーズ」に関する記事

「鹿島アントラーズ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「鹿島アントラーズ」の記事

次に読みたい「鹿島アントラーズ」の記事をもっと見る

サッカーニュースランキング

サッカーランキングをもっと見る
お買いものリンク