積み重ねた努力は裏切らない。前橋育英GK渡部堅蔵は旧友たちの想いも背負って最後の1か月へ向かう

積み重ねた努力は裏切らない。前橋育英GK渡部堅蔵は旧友たちの想いも背負って最後の1か月へ向かう
拡大する(全1枚)
前橋育英高の絶対的守護神、GK渡部堅蔵

[11.28 高円宮杯プリンスリーグ関東第17節 三菱養和SCユース 1-1 前橋育英高 三菱養和会 巣鴨スポーツセンターG]

「自分は身長がないので、守備範囲は課題だと思っているんですけど、これから相手のレベルも上がっていく中で、ハイボールに出られないと試合にも出られないので、そういうところは練習から意識して取り組んでいますし、トレーニングは誰よりもやってきているので、その練習量には自信があります」。

 相手のシュートに対する抜群の反応速度に、果敢に飛び出す目を持つ広い守備範囲。勝利を義務付けられた上州のタイガー軍団、前橋育英高(群馬)を最後尾から引き締める守護神。GK渡部堅蔵(3年=前橋FC出身)の積み重ねてきた努力が、一番大事なシーズン終盤に差し掛かり、素晴らしい形でチームの結果を引き寄せている。

 勝利すればプレミアリーグプレーオフ進出が決定する大一番。三菱養和SCユース(東京)との一戦でも、渡部の安定感は群を抜いていた。ハイボールにはことごとく絶妙のタイミングで飛び出し、的確にキャッチ。ディフェンスラインの背後を狙われたロングボールも、きっちり自分のプレーエリアで処理していく。

 1点を先制した直後の前半45分。スルーパスに抜け出した相手FWとの間合いを一気に詰め、決定的なピンチを凌いでみせる。「背後のカバーリングだったり、クロスの対応は練習から意識しているので、守備範囲は広くなっているのかなと思います。予測とポジショニングを意識して、相手をよく見てプレーするというのは練習からもやっていますね」。これも練習の積み重ねの賜物。それが自分を裏切らないことも、誰より良く分かっている。後半アディショナルタイムに同点弾こそ決められたものの、GKにとってはノーチャンスの一撃。勝ち点1を獲得したチームは、プレミアプレーオフ進出権を獲得。試合後の渡部の表情にも、笑顔が広がった。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

ゲキサカの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「高校サッカー」に関する記事

「高校サッカー」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「高校サッカー」の記事

次に読みたい「高校サッカー」の記事をもっと見る

サッカーニュースランキング

サッカーランキングをもっと見る
お買いものリンク