メッシが史上最多7度目のバロンドール受賞! 2位レバンドフスキ、3位ジョルジーニョ、C・ロナウドは…

メッシが史上最多7度目のバロンドール受賞! 2位レバンドフスキ、3位ジョルジーニョ、C・ロナウドは…
拡大する(全1枚)
FWリオネル・メッシが最多7度目の受賞

 フランスのサッカー専門誌『フランス・フットボール』は29日、2021年バロンドールの受賞者を発表し、パリSGのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが自身の持つ史上最多記録を塗り替える7度目の受賞を果たした。

 現在34歳のメッシはバルセロナに所属していた2020-21シーズンのラ・リーガで30ゴールを記録。チームは3位で優勝を逃したが、通算8回目の得点王に輝いた。また、アルゼンチン代表では今夏のコパ・アメリカ2021を制し、A代表で自身初のタイトルを獲得。いずれも大会最多となる4ゴールと5アシストを記録し、得点王とMVPを受賞した。

 バロンドールはその年の世界年間最優秀選手に贈られる賞で、『フランス・フットボール』が選定した候補者の中から、各国の代表キャプテン、代表監督、ジャーナリストの投票で受賞者が決定。昨年は新型コロナウイルスの影響で中止を余儀なくされたため、メッシは2019年に続く連続受賞となった。

 今回はバイエルンのポーランド代表FWロベルト・レバンドフスキやレアル・マドリーのフランス代表FWカリム・ベンゼマも有力候補に挙がっていたが、投票結果は1位のメッシが613ポイント。レバンドフスキが580ポイントで2位、チェルシーのイタリア代表MFジョルジーニョが460ポイントで3位、ベンゼマが239ポイントで4位、チェルシーのフランス代表MFエンゴロ・カンテが186ポイントで5位となっている。メッシに次ぐ5度の受賞を誇る
編集部おすすめ

当時の記事を読む

ゲキサカの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「メッシ」に関する記事

「メッシ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「メッシ」の記事

次に読みたい「メッシ」の記事をもっと見る

サッカーニュースランキング

サッカーランキングをもっと見る
お買いものリンク