まさかのPK失敗…流通経済大柏MF渋谷主将、失意の初戦敗退に「自分の未熟さが出た」


[12.29 選手権1回戦 流通経済大柏高 1-1(PK4-5)近大和歌山高 フクアリ]

 キャプテンは自らを責めた。流通経済大柏高(千葉)のMF渋谷諒太主将(3年)は1-1のままもつれ込んだPK戦の先攻一人目で登場。しかし、ゴール左を狙ったキックはGKに阻まれ、PK4-5で初戦敗退となった。

「この仲間とできる最後の大会だったのに、自分の未熟さが出た試合だったかなと思う」。試合後、オンラインで報道陣の取材に応じたキャプテンは敗戦の責任を背負い、それでも「家族や仲間、スタッフに感謝したい。悔いのないプレーができたので後悔はないです」と気丈に言った。

 前半8分にMF小林恭太(3年)の先制点で幸先よくリードを奪った。その後も近大和歌山(和歌山)を攻め立てたが、2点目が遠い。すると1-0のまま迎えた後半24分にカウンターで失点。被シュートわずか2本ながら1-1の同点で80分間を終え、PK戦の末、惜敗した。

「開始早々に点が入って、そこでちょっと緩んでしまったのかなと思う。あそこで2点目、3点目を取りに行けなかったことが最後の失点につながってしまった」。流通経済大柏にとっては3年ぶりとなる全国高校選手権の舞台。緊張がなかったかと言えば、やはりいつもとは違う雰囲気もあった。

「周りの選手も緊張していたのかなと。なかなか思うようにプレーできない選手が多かったけど、自分も初めてで、周りをうまくコントロールできなかった」。反省の言葉ばかりが続いた渋谷だが、就任2年目の榎本雅大監督は感謝を惜しまない。

「彼が引っ張ってくれたし、僕たちスタッフも彼に引っ張られた部分があった」。そう打ち明ける榎本監督はかねて「理想の選手」と表現してきたチームリーダーをかばい、「必要以上のものを背負い込んでプレーしてくれたことに感謝したい。これぞ流経という選手に成長してくれた。本当に頭が下がる」とねぎらった。

(取材・文 西山紘平)
●【特設】高校選手権2021
▶高校サッカー選手権 全試合ライブ&ダイジェスト配信はこちら
編集部おすすめ

当時の記事を読む

ゲキサカの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

サッカーニュースランキング

サッカーランキングをもっと見る
お買いものリンク