[MOM3717]静岡学園MF高橋隆大(2年)_ライバルはプロ内定の先輩…157cmのドリブラーが豪快弾


[高校サッカー・マン・オブ・ザ・マッチ]
[12.29 選手権1回戦 静岡学園高 5-0 徳島商高 フクアリ]

 スタメンで唯一の2年生が積極果敢なプレーで自身に、そしてチームに勢いをもたらした。前半3分、相手CKのカウンターから静岡学園高(静岡)のMF高橋隆大(2年)がセンターライン手前でボールを持つと、そのままドリブルで仕掛ける。相手選手2人に対応されながらも強引にフィニッシュまで持ち込んだ。

「あれが自分のファーストプレーだったと思うけど、今日の試合で自分が乗れたのはあそこかなと思っている。(周囲の選手からパスを)呼ばれてたけど、強気に行くことで自分も乗れるのは分かっていた。囲まれてスピードダウンしちゃったけど、最後は右足に持っていけたので振り切ろうと思った」

 右足のシュートは相手GKが好セーブ。「割と良いコースに行って、ちょっと入ったかなと期待したけど、CKになったのでよかったのかなと思う」。このプレーで獲得したCKからMF小泉龍之介(3年)が先制点。その後も157cmのドリブラーは果敢に仕掛け、前半23分には際どいシュートも打った。

 それでも前半は1-0で終了。「先制してから停滞した。後半は井田さん、(川口)修さんに喝を入れられた」。ハーフタイムには井田勝通総監督、川口修監督のゲキも飛び、後半7分に待望の追加点を奪うと、同9分、小泉からパスを受けた高橋がドリブルでPA内右に切れ込み、右足を振り抜いた。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

ゲキサカの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「高校サッカー」に関する記事

「高校サッカー」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「高校サッカー」の記事

次に読みたい「高校サッカー」の記事をもっと見る

サッカーニュースランキング

サッカーランキングをもっと見る
お買いものリンク