[MOM3762]青森山田DF丸山大和(3年)_努力家が引き寄せた仲間の信頼。全国決勝での“連続ゴール”で3冠達成の立役者に!


[高校サッカー・マン・オブ・ザ・マッチ]
[1.10 選手権決勝 大津高 0-4 青森山田高 国立]

 必ず点を獲れるという自信しかなかった。1年前の自分に、この姿を見せてあげたい。スタンドからチームの敗戦を見つめるしかなかった、このピッチに立つことなんてイメージすらできなかった、あの時の自分に。

「こういう大舞台で決め続けることが自分の得意なところ。その結果が今日の得点に繋がったと思います」。

 インターハイ。そして、選手権。2度の全国決勝でゴールを重ねた青森山田高(青森)のセンターバック。DF丸山大和(3年=クリアージュFCジュニアユース出身)が1年間を掛けて着実に纏い続けてきた自信と信頼が、ゴールという結果で国立競技場のピッチに弾けた。

「この2年間は辛いことが本当に多かったので、その想いをこの1年間にぶつけたいと思います」。新チームが結成されたばかりの頃。定位置を掴みかけていた丸山はこう話している。東京から覚悟を持って、青森山田の門を叩いたものの、思ったような自分にはなかなかなり切れないまま、気付けば最上級生に。残された時間は1年になっていた。

「春先に守備が総入れ替えして、前と後ろのバランスがとても悪くて、監督からもチームの仲間からも、守備は怒られっぱなしで、言われっぱなしでした」(丸山)。MF松木玖生(3年)やMF宇野禅斗(3年)、FW名須川真光(3年)など、昨年のレギュラーが軒並み残っていた中盤や前線とは対照的に、ディフェンスラインはGKも含めて総入れ替え。誰もが口にする自分たちへの不安の声が、とにかく悔しかった。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

ゲキサカの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「高校サッカー」に関する記事

「高校サッカー」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「高校サッカー」の記事

次に読みたい「高校サッカー」の記事をもっと見る

サッカーニュースランキング

サッカーランキングをもっと見る
お買いものリンク