[1.10 選手権決勝 大津高 0-4 青森山田高 国立]

 自分自身を変えるために、青森の地を選んで3年と少し。思い描いていたような未来ではなかったかもしれないが、このチームで過ごした時間は、これからの自分にとって間違いなく大きな宝物になる。

「今まで全国制覇を目指して3年間やってきたので、ここまで楽しいことだけではなくて、苦しいこともあったんですけど、チーム一丸となって優勝できたことは素直に嬉しい気持ちです」。

 青森山田高の技巧派レフティ。MF本田真斗(3年=青森山田中出身)は再び故郷の地へと帰還し、さらなる成長を期す日々をスタートさせる。

 ベガルタ仙台ジュニアユース時代には、U-16日本代表候補にも選出。県選抜でも10番を背負うなど、将来を嘱望されていた本田は、中学3年の秋に青森山田中へと転入する。

 厳しい環境に身を置き、レベルの高いチームメイトと切磋琢磨することで、少しずつトップチームでの出場機会を増やしていくと、2年生だった昨年度の選手権でも登録メンバー入りを果たし、準決勝の矢板中央高(栃木)戦では埼玉スタジアム2002のピッチも経験。一層の飛躍を誓い、最後の1年間へと向かう。

 勝負したいポジションには、世代屈指とも称されるMF松木玖生(3年)とMF宇野禅斗(3年)というドイスボランチが君臨していた。それでも限られた出場機会で、その存在をアピールする。プレミアリーグEASTでは開幕からの4試合で2ゴールを記録。サイドハーフや1トップ下で、その左足を駆使しながらステップアップを窺い続ける。