山形がポルトガル人MFチアゴ・アウベスを獲得「“フロント3”でプレーができる」
拡大する(全1枚)
MFチアゴ・アウベスが山形へ

 モンテディオ山形は21日、GKSピアスト・グリヴィツェ(ポーランド)からMFチアゴ・アウベス(25)を完全移籍で獲得したことを発表した。なお、日本政府による新型コロナウイルスに関する新規入国制限措置に伴い、入国日は未定。入国後、メディカルチェックの上、正式契約となる。

 25歳のポルトガル人MFの特長について、クラブは公式ツイッターで「“フロント3”(前線のセンターFW・両ウイング)の全ポジションでプレーができる」と紹介。「スピードとテクニックを活かしたドリブルで単独で得点を奪う能力はもちろん、パスやボールをキープし周りを活かすプレーにも長けている」と伝えた。

 T・アウベスはクラブ公式サイトを通じ、「全員で一丸となってJ1昇格を達成しましょう!私たちなら出来ます!早く皆さんに会えることを願っています。Let’s do it YAMAGATA!!」と意気込みを語った。

以下、プロフィール
●MFチアゴ・アウベス
(Tiago Alves)
■生年月日
1996年6月19日(25歳)
■身長/体重
177cm/72kg
■出身地
ポルトガル
■経歴
Varzim B(ポルトガル)-Varzim(ポルトガル)-Salgueiros(ポルトガル)-Belenenses B(ポルトガル)-Olimpia Grudziądz(ポーランド)-Piast Gliwice(ポーランド)
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2022シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!