森保監督「久保建英が持っているエネルギーは素晴らしい」
拡大する(全1枚)
日本代表MF久保建英(マジョルカ)

[1.27 W杯最終予選 日本2-0中国 埼玉]

 森保一監督は4か月ぶりに日本代表に復帰したMF久保建英(マジョルカ)の存在価値を語った。久保は右ひざの負傷により約2か月間の長期離脱を経験したが、コンディションを上げて代表戦に復帰。後半28分に途中出場でピッチに投入されると、スタジアムは盛大な拍手で沸いた。

「久保建英が持っているエネルギーは素晴らしい。彼が持っているプレーの力、そして見ているサポーターの皆さんに期待を持たせてくれるプレーができる選手なんだと、改めて思いました」

 久保をそう評価した指揮官は「監督としてはチームのエネルギーを上げていくことが試合を勝っていくうえで必要なこと。スタジアムの雰囲気が良くなって、選手たちにサポーターの皆さんからの声援、エネルギーが増すことはチームとして良いこと」と続けた。次戦は中4日で首位サウジアラビアとホームで対戦する。W杯予選突破に向けた大一番では、久保の活躍が期待されるところだ。
●カタールW杯アジア最終予選特集
●カタールW杯各大会予選一覧