セレッソ大阪は17日、神村学園高の2年生MF大迫塁(17)が2023シーズンに加入することが内定したと発表した。

 大迫は世代を代表するレフティーで、これまで各年代別の日本代表を経験。今年度はインターハイと選手権に出場し、今月12日に行われた「NEXT GENERATION MATCH」にも日本高校選抜として参戦した。

 異例となる高校2年生でのプロ内定。クラブ公式サイトを通じ、「来シーズンよりセレッソ大阪に加入することとなりました、神村学園高等部の大迫塁です。僕の特徴は左足のキックの精度を生かしたゴールへ直結するスルーパスやシュートです。幼い頃から憧れていたプロサッカー選手として、ファン、サポーターの皆様と大阪の地を盛り上げられるように元気良く頑張ります!」とコメントした。

以下、クラブ発表プロフィール

●MF大迫塁
(おおさこ・るい)
■生年月日
2004年10月13日(17歳)
■出身地
鹿児島県
■身長/体重
177cm/69kg
■経歴
谷山SSS-FCサウサーレ-神村学園中-神村学園高
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2022シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!