GK佐藤瑠星(大津高3年→筑波大)は今月2日までU-19日本代表候補合宿(千葉)に参加。中一日で4日スタートの日本高校選抜合宿(静岡)に臨んでいる。

 佐藤はU-19代表候補合宿について、「他のGKから良い刺激をもらって、トレーニングしていく中で自分の足りないものや通用するものがあって、自分の立ち位置が分かるキャンプでした」と振り返る。

 U-19代表候補合宿初日に行われた関東大学選抜との練習試合は45分間で3失点。連係の乱れが失点に繋がってしまうシーンもあった。「自分の特長などをあまり出せずにチームに貢献するプレーが全然なかった。非常に悔しいという感じです」。中学2年生でGKをはじめ、大津で進化して世代屈指の守護神になった佐藤だが、まだまだ成長しなければならないことを実感する合宿になったようだ。

 U-19代表候補合宿では、川口能活GKコーチの指導の下、GKバーンズ・アントン(町田)、GK春名竜聖(C大阪U-18)と競争。同世代でプロ入りしたバーンズ、U-18世代から個人昇格してきた春名と差を感じる部分、また負けていないことを再確認した部分もあったという。

「2人は落ち着いてプレーができているのがある。足元の技術も当たり前にやれている。(自分は)そういうところはまだまだだなと思いますけれども、ハイボールは自分どんどん出て行けるのもありますし、俊敏性も自分が一番デカイんですけれども負けていないと思います」。それぞれをまた磨き上げて、次回の活動に選ばれることを目指す。