失点をしないことは、もはや当然のノルマ。シュートすら1本も打たせないことを求められているチームのゴールキーパーに、掛かるプレッシャーの大きさは想像もつかないが、それすらも楽しんでしまうようなメンタルが、この男からは感じられる。

「今年も期待は凄くされると思うんですけど、その期待や重圧に負けないような、それを跳ね返すぐらいのメンタルの強さを持って、試合でも良いパフォーマンスを続けていきたいですね。去年を超える結果は出ないですけど、内容的に去年を超えたいと考えていますし、そういうチームを作っていけたらなと思います」。

 小学生の頃から憧れていたチームで、日本一を目指す権利を手繰り寄せた青森山田高(青森)の新守護神。GK代田昂大(2年=サガン鳥栖U-15出身)が明るく発散していくエネルギーは、三冠王者のディフェンス陣をポジティブに勇気付けていく。

 とにかく声が出る。厳しい声も、鼓舞する声も、このゴールキーパーは積極的に言葉として発していく。「自分は他のキーパーに比べて身長が小さいので、それを他でどう補おうと思った時に、コーチングの声だったり、セービングだったり、ポジショニングだったり、そういうところでカバーしていこうと自分でも決めていますし、それはコーチにも言われていて、やっぱり存在感を出したいので、特にコーチングの部分を頑張っています」。

 憧れているのは、日本サッカー史に残るレジェンドだ。「