イタリア代表エースFWの新恋人が“美しすぎる”
拡大する(全1枚)
ルシアさんとキエーザ

 イタリア代表は24日のカタールW杯欧州予選プレーオフ準決勝で北マケドニアに0-1で敗戦。2018年ロシアW杯に続く2大会連続での本大会出場を逃した。放ったシュート数は30本以上。決定力不足も囁かれる中、負傷中のエースFWフェデリコ・キエーザには新恋人ができたようだ。

 フィオレンティーナで頭角を現したキエーザは、20-21シーズンの途中にユベントスにレンタルで加入。すると、セリエAやUEFAチャンピオンズリーグで躍動し、さらなる成長を見せた。

 また、21年夏のEURO2020ではイタリア代表として大ブレイク。準決勝・スペイン戦では持ち味を発揮したゴールで、イタリアの決勝進出に貢献し、決勝も先発出場を果たす。圧倒的な個人突破力でイングランドの脅威となった。途中で負傷交代となったものの、優勝に貢献し、大会ベストイレブンにも選ばれた。

 イタリアはW杯欧州予選のグループリーグを2位で終え、プレーオフに回る。だが、キエーザが1月に前十字じん帯の損傷で全治7か月となってしまった。脂の乗った24歳FWがいれば、今回のW杯予選敗退の結果も変わっていたかもしれない。

 そんなキエーザには、長く交際を続けていたベネデッタさんがいたが、昨秋に破局。その後に大怪我を負ったため、メンタル面が心配されていたが、新たな彼女ができたようだ。

 キエーザは24日に自身のインスタグラム(@fedexchiesa)を更新し、新彼女ルシア・ブラマーニさんとの2ショット写真を公開した。3月24日はルシアさんの22歳の誕生日。キエーザは投稿した写真内で、ルシアさんにキスをしている。
この投稿をInstagramで見る

Lucia Bramani(@lucybramani)がシェアした投稿