流通経済大の新主将、連覇へ…熊澤和希「一戦一戦全員で勝ちに集中するだけ」
拡大する(全1枚)
新主将に就任したMF熊澤和希

 昨年度、12年ぶりに関東大学サッカーリーグ1部を優勝した流通経済大は、12名のJリーガーを輩出したことも話題を集めた。逆に言えば今年はその選手たちがごっそり抜ける。真価が問われる年。新主将に就任したMF熊澤和希(4年=流通経済大柏高)に話を聞いた。

Jリーグへ12人が巣立ったことでチームがガラリと入れ替わることになる。
「ガラッと変わりましたけど、自分たちのいいところもあると思っています。去年になくて今年にないもの、例えば仲の良さであったり、絆は今年の方があると思っているので、一戦一戦全員で勝ちに行くことに集中するだけだと思います」

―新チームについて。
「今年のチームはほぼ、去年ドラゴンズ(関東社会人1部)でやっていた選手たち。そこに自分たちが加わってどうなるか。トップにいた自分たちが足を引っ張らないようにというのと、普通にやっていても勝てないと思うので、いつも以上に頑張らないといけないと思っています」

―主将はどうやって決まった?
「4年生全員の投票で決まりました。選ばれるようなキャラじゃない?そうですね、でも3年間、真面目にやってきたという自負はあります。試合にも多く絡ませてもらってきたので、チームをまとめないといけないという責任もある。高校の時は3年生の時にプレミアリーグの5節目までキャプテンをやっていましたが、成績が悪くて交代させられました。今回は変えられないように頑張ります(笑)」