カルタヘナが4失点で3戦ぶり黒星…岡崎慎司は終盤に途中出場
拡大する(全1枚)
FW岡崎慎司は終盤に途中出場

[5.1 ラ・リーガ2部第38節 ポンフェラディーナ 4-2 カルタヘナ]

 ラ・リーガ2部第38節が1日に開催され、FW岡崎慎司の所属する9位カルタヘナは敵地で7位ポンフェラディーナに2-4で敗れた。3試合ぶりの黒星で連勝は2でストップ。ベンチスタートの岡崎は後半39分に途中出場した。

 カルタヘナは前半にMFモハメド・ダウダとMFリチャード・ボアテングの得点で2度リードしながら、いずれもすぐに追い付かれる展開。ハーフタイム直前には2-3と逆転を許した。そのまま時間が経過し、岡崎らを投入した後の後半44分にPKで追加点を献上。2-4でタイムアップの笛を聞いた。

 残り4試合となる中、9位カルタヘナは昇格プレーオフ圏内の6位オビエドと勝ち点11差。次節は8日に行われ、MF柴崎岳所属の14位レガネスと対決する。
●海外組ガイド
●ラ・リーガ2021-22特集