リバプールの本拠地アンフィールドに4月下旬、日本人漫画家が描いた巨大イラスト壁画が登場した。大役を担ったのは週刊少年マガジンで『炎炎ノ消防隊』を連載していた大久保篤さん。クラブの歴史を刻んだ5つの名シーンが7m×11mの大スケールで描かれ、新たな記念撮影スポットとなっている。

 この壁画は、リバプールとオフィシャル・グローバル・パートナーシップ契約を結んでいる講談社との共同プロジェクト『inspiRED』(インスパイアード)の一大企画。講談社のグローバルパーパス『Inspire Impossible Stories』に合わせ、クラブ側が歴史に残る5つのシーンを選出し、象徴的な役目を果たした5人のイラストが描かれた。

 壁画は4月24日に行われたプレミアリーグ第34節エバートンとの“マージーサイド・ダービー”でお披露目された。マンチェスター・シティとのデッドヒートを繰り広げているリーグ戦をはじめ、UEFAチャンピオンズリーグ、FA杯、カラバオ杯と史上初となる4冠獲得を狙うリバプール。そんな歴史的瞬間を目指すクラブの聖地に日本発のランドマークが誕生した。

▼巨大壁画に描かれている場面
①スティーブン・ジェラード(現アストン・ビラ監督)
 2004年12月8日の欧州CLグループリーグ第6節オリンピアコス戦、リバプールは2勝1分2敗という崖っぷちで最終節を迎えていた。決勝トーナメント進出のためには得失点差を踏まえて2点差での勝利が必要な状況。ところが前半に元ブラジル代表FWリバウドにFKを直接決められ、実質的に3点ビハインドに追い込まれた。